【コントラバス・ソロ】無伴奏チェロ組曲第3番ブーレⅠ〜タンゴ・アレンジ〜
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

【コントラバス・ソロ】無伴奏チェロ組曲第3番ブーレⅠ〜タンゴ・アレンジ〜

¥500 税込

※こちらはダウンロード商品です

otra001.pdf

142KB

バッハの有名な無伴奏チェロ組曲の中から1曲をアルゼンチン・タンゴ風にアレンジしました。 タンゴの曲にはピアノソロやバンドネオンソロなど一人でも楽しめるようにアレンジされた楽譜がありますが、コントラバス用にアレンジされたものはなかなかありません。 そこで一人でも楽しめるように意識してアレンジしました。 もちろんチェロの方にも楽しんでいただけます。 タンゴを知らない方にも分かりやすいように、スタッカートやテヌートなど細かく書き入れてあります。 それを参考にパターンを掴んで歯切れよくリズミカルに弾いてください。 もしピアソラのキチョやコントラバヘアンドを知っていればそんなノリで弾いてください。 タンゴの楽譜には独特のルールがありますので、下記を参考にしていただくとよりタンゴっぽさがでます。 ・4分音符と8分音符は音価を保たないで歯切れよく切ってください。 ・基本的に歯切れのいい場面が多いですが、大きなスラーはテヌートで歌うように弾いてください。ひと弓で弾く必要はありません。 ・音符の前に斜線がある音は、全音下からグリッサンドもしくは1→2→4の指順でグリッサンドのように弾いてください。 ・最後のstrappataは、弓先のちょっと手前あたりで竿ごと当てにいってバウンドさせます。最後の一音は左手で弦の上から指板を叩きます。 分からなかったり弓が傷つくのが嫌であれば下のドで構いません。